「iOS 6.1.1」にアップデートした「iPhone 4S」でバッテリーの減りが早くなる不具合発生か?!

先日、「iPhone 4S」向けにモバイルデータ通信のパフォーマンスを改善した「iOS 6.1.1」がリリースされましたが、PhoneArenaによると、「iOS 6.1.1」へアップデートした一部の「iPhone 4S」ユーザーが、本体が過熱し、バッテリーの減りが早くなる問題を報告しているそうです。


あるユーザーの報告によると、「iOS 6.1.1」へアップデートした後に「iPhone 4S」のバッテリー駆動時間が7時間から5時間に減ったと報告しているそうです。

あくまで一部ユーザーと思われますが、来週にもリリースされると噂されている「iOS 6.1.2」で直っていれば良いのですが…。

【関連エントリ】
 ・Apple、「iPhone 4S」向けにモバイルデータ通信のパフォーマンスを改善した「iOS 6.1.1」をリリース
 ・「iOS 6.1」でバッテリー駆動時間が短くなる問題の原因の一つは「Exchange」のバグ?!
 ・一部のiPhoneユーザーが「iOS 6.1」でバッテリー駆動時間が短くなったと報告

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事