昨日に流出した「iPhone 5S」とされる写真は「iPhone 5」のクローンだった事が判明

昨日にFoxconnの工場で撮影されたという「iPhone 5S」と思われる写真が流出した事をお伝えしましたが、MacRumorsによると、この写真に写っている「iPhone 5S」とされるデバイスは実際には「iPhone 5」のクローンだったようです。

この「iPhone 5S」とされるデバイスのバッテリーの容量は1130mAhと本物の「iPhone 5」のバッテリーの容量(1440mAh)よりも少なくなっており、SDカードスロットのようなものが搭載されているとのこと。

(image source:NowhereElseFr)


なお、上記の写真を見ても分かる通り、Lightningコネクタやバイブレーターも本物と違っているそうです。

【関連エントリ】
 ・試作生産段階の「iPhone 5S」の写真が多数流出?!
 ・Foxconnの工場で撮影されたという「iPhone 5S」の写真が流出か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。