Appleは宇宙船を建設し、Googleは空港を建設へ

Appleは”宇宙船”のような新本社キャンパスを建設する計画ですが、米カリフォルニア州サンノゼにあるノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港横にGoogle幹部のプライベートジェットの為のターミナルビルや格納庫などが建設される計画が明らかになりました。

(image source:mercurynews.com)

実際に建設を計画しているのはGoogle幹部のプライベートジェットを管理しているSignature Flight Support社とBlue City Holdings社で、その広さは29エーカー(約117,358㎡)で費用は8200万米ドル(約76億円)となっており、今後サンノゼ市議会で協議され、春には正式な回答が出てくる模様。

(image source:mercurynews.com)

その施設の建設には1年半から2年掛かる予定で、Google幹部が保有しているボーイング737やボーイング767などのプライベートジェットを含む、民間企業の飛行機を格納出来るハンガーに加え、専用のターミナルも設置される予定とのこと。

(image source:mercurynews.com)

なお、Google幹部は、現在、ジェット機を米カリフォルニア州マウンテンビューにあるモフェットフェデラル飛行場に駐機させています。

(Via.GIZMODO)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事