Apple、「マップ」アプリの改善に向けソフトウェアエンジニアを多数募集中

Apple Bitchによると、米Appleが現地時間の2月5日にiOSの「マップ」アプリに関する多数のソフトウェアエンジニアを募集している事が分かったそうです。


2月5日に公開された「マップ」アプリに関する人材募集は全部で10件になり、ユーザーインターフェイスSiriMapKitルート案内機能リアルタイム・マップ表示ラベル表示Flyoverなど様々な機能のソフトウェアエンジニアを募集しています。

ティム・クックCEOも「マップ」をより良いものにするために最善を尽くす事を明らかにしていますが、Appleも改善に向け色々と動いているのは確かなようです。

【関連エントリ】
 ・Apple、マップアプリの地図データ強化の為に「Foursquare」と交渉中か?!
 ・Apple、マップに関するティム・クックCEOからのメッセージの日本語版を公開
 ・Appleのティム・クックCEO、「iOS 6」のマップアプリの件で謝罪
 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事