「Surface RT」の出荷台数は当初予想の半分以下で、販売台数は100万台未満か?!

本日、DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーの話として、MicrosoftのタブレットPC「Surface RT」の出荷台数は当初予想の半分以下であるある事が分かったと伝えています。


「Surface RT」は2012年末までに400〜450万台出荷されるものと予想されていたものの結局は約200万台だったようで、更に実際の販売台数は100万台にも満たない可能性が高いとみられています。

なお、この売れ行き不振の原因はアプリの互換性の問題や高い販売価格にあるものと言われているようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事