全国主要地下鉄駅でのLTEの補足状況及び通信速度はauが優位(MMD研究所調べ)

昨日、MMD研究所が、2013年1月9日~21日にAndroid端末及びiPhone 5を対象に、全国主要都市の地下鉄(6都市・34路線・615駅)のホームにて「2013年1月Android端末、iPhone 5 全国主要地下鉄通信速度比較調査」を実施した結果を公開しています。

まず、全国主要地下鉄での4G/LTEの捕捉状況は、Android端末、iPhone 5ともにauが97.2%でトップになっており、次いでdocomoが48.5%、SoftBankは8.0%という結果になったそうです。

(image source:MMD研究所)

次に、Android端末の通信速度については、auがダウンロード平均24.47Mbpsと最も速く、SoftBankが9.67Mbps、docomoが6.39Mbpsと続く結果になり、iPhone 5の通信速度についても、auがダウンロード平均12.40Mbpsで、SoftBankの8.64Mbpsよりも速い結果となったそうです。

なお、各種詳細はこちら(PDF)をご参照下さい。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事