Microsoft、「Skype」への統合に先駆け「iOS」向け「Windows Live Messenger」アプリの配信を終了

Neowin.netによると、Microsoftが「iOS」向け「Windows Live Messenger」アプリの配信を終了したそうです。

同アプリは既にApp Storeから削除されており、これは3月15日に予定されている「Windows Live Messenger」の「Skype」への統合に向けた準備の一環と予想されます。

【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Windows Live Messenger」クライアントは廃止するものの「Messenger」サービスは継続か?!
 ・「Windows Live Messenger」のサービスは3月15日で終了し、Skypeに統合へ
 ・Microsoft、2013年第1四半期に「Windows Live Messenger」のサービスを終了し、「Skype」に統合する事を正式に発表

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。