シャープ、「iPad (第4世代)」向けパネルの生産をほぼ停止

先月、シャープが「iPad」向けIGZO液晶の供給を「採算が合わない」などとして11月に取りやめたと報道されていましたが、本日、ロイターが、複数の関係者によると、「iPad (第4世代)」の販売が想定を下回り、シャープがIGZO技術を採用したiPad用パネルの生産をほぼ停止していることが分かったと報じています。

「iPad (第4世代)」の販売が伸び悩んでいるのは「iPad mini」に需要が移った為で、シャープは昨年末からiPad向けのラインの稼働を徐々に落としており、今年に入ってほとんど生産していないとのこと。

また、別の関係筋によると、AppleはLG Displayへの注文も徐々に絞り込んでいるそうです。

先月の情報と今回の情報では少し内容や理由が違っており、どちらが正しいのかは不明ですが、シャープが「iPad」向けパネルをほとんど供給していない事だけは確かなようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。