Microsoftの今後のロードマップ:「Silverlight 6」は2014年前半頃、「Office 16」は2015年に登場か?!

本日、ZDNetのMary Jo Foley氏が、Microsoftの今後のロードマップに関するドキュメントを入手し公開しています。

ロードマップが掲載されたスライドが下記の通りですが、まず気になるのがポータルサイト「Silverlight.net」が閉鎖され、次期バージョンのリリースが怪しまれていた「Silverlight」の次期バージョン「Silverlight 6」が2014年前半頃に予定されている事です。


(image source:ZDNet)

また、次期Officeこと「Office 2013」の更に次のバージョンである「Office 16」が2015年以降に予定されている模様。

ただ、2012年9月にリリースされたはずの「Windows Server 2012」(Windows Server 8)が2013年に記載されているなど、間違っている部分も多く、あくまで参考まで。

【関連エントリ】
 ・米Microsoft、「Silverlight.net」のサイトを閉鎖

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事