Apple、A5・A6プロセッサのFCCSP基板の発注先をサムスン傘下のメーカーから台湾メーカーへ変更か?!

台湾通信によると、台湾のプリント基板大手であるUnimicron Technology Corp.が、来年よりApple向けにIC基板の供給を開始するようです。


既に少量出荷が開始されているようで、Appleは”A”シリーズプロセッサのFCCSP(フリップチップ・チップスケールパッケージ)基板の発注をSamsung傘下のSEMCOからUnimicron Technologyへ変更する計画のようです。

なお、Unimicron Technologyは既にAppleのA5・A5XプロセッサFCCSP基板を受注しており、来年より大量出荷が開始されるとのこと。

(via.台湾通信)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事