2012年第4四半期の「iPad mini」の出荷台数は800万台

先日、DigiTImesが、サプライチェーンの情報筋によると、Appleは最近になって「iPad mini」の発注数量を増やしており、2012年内の出荷台数は1,200万台に及ぶかもしれないと報じていましたが、本日、同サイトが、台湾のサプライチェーンメーカーによると、2012年第4四半期の「iPad mini」の出荷台数は800万台になるとようだと報じています。


この推定出荷台数の減少の要因は、タッチパネルの供給が不十分だった事にあるようです。

なお、2013年第1四半期の「iPad mini」の出荷台数は1,300万台まで増加するだろうと予想されているとのこと。

【関連エントリ】
 ・Apple、2012年内に1,200万台の「iPad mini」を出荷か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事