故スティーブ・ジョブズ氏が家族に残したというヨット「ビーナス号」が出航可能に

先日、故スティーブ・ジョブズ氏が家族に残したヨット「ビーナス号」が、設計者のフィリップ・スタルク氏への報酬の一部未払い問題により差し押さえられている事をお伝えしましたが、TNWによると、「ビーナス号」が出航する事が可能になったようです。


ジョブズ氏の相続人の代理人であるGérard Moussault氏(弁護士)がフィリップ・スタルク氏との間で一時的に合意に至ったようで、未払い額は300万ユーロ(約3.3億円)と言われていましたが、合意に際して幾ら支払われたのかは不明とのこと。

【関連エントリ】
 ・ジョブズ氏が家族に残したヨット「ビーナス号」、デザイナーへの手数料の未払い問題で差し押さえられている事が判明

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事