Microsoft、「Windows RT」に対応した「Solitaire Collection」と「Mahjong」をリリース

本日、Microsoftが「Windows RT」に対応した「Microsoft Solitaire Collection」(ソリティアコレクション)と「Microsoft Mahjong」をリリースしています。


まず、Klondike、FreeCell、Spider、TriPeaks、Pyramidの5つのバリエーションが搭載されており、他のテーマを選んで別の背景やカードデッキのデザインを変更したり、自分でカスタムデザインする事も可能となっています。

次に、「Microsoft Mahjong」は、景色とタイルを3つのテーマから選択可能で、3つの難易度設定が用意されています。


なお、両ゲームとも価格は無料で、タッチスクリーン、マウス、キーボードのコントロールに対応しています。

ダウンロードは下記リンク先へどうぞ。

 ・Microsoft Solitaire Collection
 ・Microsoft Mahjong

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事