国内各社の4G対応スマートフォンの電波状況及び通信速度調査で、ソフトバンクが優勢に

本日、MM総研が、現在発売されている最新のスマートフォンを利用して、各キャリアが展開する次世代高速通信(LTE/TD-LTE(AXGP)/WiMAX)の電波状況および通信速度の計測結果を発表しています。

利用端末は下記の5機種で、測定場所は日本全国の「住宅エリア」(10エリア/300地点)、計測期間は2012年11月9日~12月5日となっています。

 ・「Optimus G L-01E」(docomo LTE Xi対応)
 ・「iPhone 5」(au 4G LTE対応)
 ・「ARROWS Z ISW13F」(au +WiMAX対応)
 ・「iPhone 5」(SoftBank 4G LTE対応)
 ・「STREAM 201HW」(SoftBank 4G対応)

まず、4Gカバー率は日本全国300地点中242地点でLTEを受信した「Optimus G L-01E」(docomo LTE Xi)と「iPhone 5」(SoftBank 4G LTE)が共に80.7%で同率1位となったようです。

また、通信速度は下り・上りともにソフトバンクが最速になり、ソフトバンクとauの「iPhone 5」対決でもソフトバンクが優勢との結果になったそうです。

なお、各種数値などの詳細はMM総研のプレスリリースへどうぞ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。