Samsung、オーストラリア警察に「命の危険」があるとして警告されたAppleの地図アプリを揶揄する広告を掲示

先日、オーストラリアの警察当局が、「iOS 6」のマップアプリのナビ機能を使用した車が道を外れて国立公園へ迷い込み、生命の危機に陥る可能性がある事から同アプリを使用しないよう警告し、その後、Appleが修正するといった騒動がありましたが、iDownload Blogによると、Samsungがこの件に便乗して、Appleのマップアプリを揶揄した内容の広告をオーストラリアで掲示しているそうです。

その広告が下記画像ですが、泥だらけのSUVとキャンプ用品などと共に「しまった!Samsung Galaxy S3を持っておくべきだった。」と記載されており、Galaxy S3の地図機能が優れている事をアピールしています。


なお、この問題の原因は地元データの誤りの可能性もある事が指摘されています。

【関連エントリ】
 ・Apple、オーストラリアの警察当局が使用しないよう警告した地図の問題を修正
 ・オーストラリアの警察当局、「iOS 6」のマップアプリを利用しないよう警告

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事