Apple、「Final Cut Pro 10.0.7」をリリース

本日、Appleが「Final Cut Pro 10.0.7」をリリースしています。

このアップデートでは、以下の点を含めて安定性、パフォーマンス、および互換性が全般的に向上するとのこと。

・レターボックスエフェクトの“Offset”スライダが復活します
・1 層 DVD を作成するときの問題が修正されます
・一部の他社製エフェクトで、バックグラウンドレンダリング中に Final Cut Pro が停止する問題が解決されます
・一部の他社製トランジションで、ソースメディアではなく黒が誤って使用される問題が解決されます
・取り込み中の MXF ファイルの編集がサポートされます
・イメージユニットが含まれる Motion テンプレートのレンダリングの問題が解決されます

Final Cut Pro
価格:¥26,000 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。