SamsungのアンチAppleコマーシャルが「2012年に最もバイラルを起こしたテック系広告TOP10」で1位に

SlashGearによると、Visible Measuresが、「Top 10 Most Viral Tech Ads of 2012」(2012年に最もバイラルを起こしたテック系広告 Top 10)を発表したそうで、1位にはSamsungのアンチAppleな内容となっている「Galaxy S III」のCMが選出されたそうです。

1位のSamsungのCM「the next best thing is already here.」は7,180万ビューを記録したようで、Samsungは他にも3位と4位と8位にもランクインしています。

なお、Appleは6位に「iPhone 5」を紹介するビデオ「Introducing iPhone 5」がランクインしており、こちらは約1840万ビューとなっています。

その他ランキングの詳細などは下記リンク先へどうぞ。

 ・Top 10 Most Viral Tech Ads of 2012

【補 足】
「バイラル」とは「感染的な」という意味で、商品の情報が人づてに伝わっていく仕組みをウィルスの感染・増殖に例えており、「バイラルマーケティング」とは製品やサービスに関する「口コミ」を意図的に広め、低コストで効率的に商品の告知や顧客の獲得を行なうマーケティング手法のことを指します。
(引用:IT用語辞典)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。