2012年度上期の国内タブレット端末の出荷台数シェアでAppleがトップに

本日、MM総研が、2012年度上期(12年4月~9月)の国内タブレット端末の出荷状況を発表しています。

2012年度上期の出荷台数は前年比82.1%増の193万台で、メーカー別台数・シェアではAppleが118万台でシェア61.1%となり1位を獲得したそうです。
(下記参照)


また、OS別出荷台数については、iOSが118万台でシェア61.1%に対し、Androidが75万台でシェア38.9%だったそうで、更にキャリアの通信回線(3GやLTE)を搭載した回線モデルとWi-Fi通信のみを可能とするWi-Fiモデル別に見ると、回線モデルが91万台(シェア47.2%)、Wi-Fiモデルが102万台(シェア52.8%)とWi-Fiモデルの方が若干上回っているようです。

 ・プレスリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事