MS、次期アップデートの「Windows Blue」からアップデート方式を低価格及び毎年リリースに切り替えか?!

The Vergeが、Microsoftの計画に精通した複数の関係者の話として、同社は「Windows Blue」と呼ばれる「Windows」の新しいアップデートに取り組んでいるようで、この「Windows Blue」からはAppleのOS Xのように低価格で劇的な変化はないものの、アップデートを毎年提供する方式に切り替えるようだと報じています。

なお、「Windows Blue」は2013年の半ばにリリースされる予定で、ユーザーインターフェイスの変更やプラットフォーム内部の変更が行われるそうです。

また、 Windows SDKの新バージョンも「Windows Blue」と共にリリースされるとのこと。

【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Windows」の次期アップデートである「Windows Blue」を来年にリリースか?!
 ・【噂】次期Windowsのコードネームは「Windows Blue」に?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。