「iMac (Late 2012)」の供給は12月に改善へ

DigiTimesが、上流のサプライチェーンの情報筋の話として、「iMac (Late 2012)」の遅れの原因となっていた生産歩留まり問題が改善された事から、12月に供給が改善するようだと報じています。

出荷台数などの情報は明らかにされなかったものの、全ての生産ラインが時間外労働をするなどして需要に対応しているようです。

なお、「iMac (Late 2012)」の組み立てはQuanta Computerが請け負っているようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。