新型iMacのディスプレイはLG Displayが独占供給か?!

DigiTimesが、業界筋によると、Appleの部品サプライヤーは生産歩留まりなどの問題から年内は思ったような利益を得られず、2013年第1四半期に利益を得る事になっているようだと報じています。


まず、iPad miniのディスプレイはAU OptronicsとLG Displayが供給しているものの、AU Optronicsの大量生産に問題があり、iPad miniの2012年第4四半期の出荷台数はAppleが当初目標としていた1,000万台を大きく下回る600万台にしか達しないとみられています。

次に、新型iMacのパネルはLG Displayの独占供給と言われており、LG Displayは新型iMac用パネルの為に新しい製造工程を開発しなければならなかった事から生産能力に制限があり、同モデルの出荷遅れに影響しているそうです。

なお、これらの問題は2013年第1四半期には改善される事になっており、両製品ともAppleの出荷目標に達するものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事