米Microsoft、「Google Glass」に似たメガネ式ヘッドアップディスプレイに関する特許を申請

TechCrunchによると、米MicrosoftがGoogleの拡張現実メガネ「Google Glass」に似たメガネ式ヘッドアップディスプレイに関する特許「EVENT AUGMENTATION WITH REAL-TIME INFORMATION」を申請していた事が分かったそうです。


Microsoftの場合は「Google Glass」みたいに終日装着している事が考えられている訳ではなく、特定の状況での使用を念頭に置かれており、スポーツ観戦やライブ・イベントなどに参加した際に関連情報を表示し、視点をずらさずに情報を見ることが出来るシステムとなっています。

あくまで特許なので実際に実現するかどうかは不明ですが、「Google Glass」の動向次第といったところでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事