台湾AUO、次期iPad mini用のRetinaディスプレイパネルを開発中か?!

先日にあった報道とネタ元が同じ可能性もありますが、Taiwan Economic Newsによると、Economic Daily Newsがサプライチェーンの情報筋の話として、台湾のAU Optronics Corp.(以下AUO)はピクセル密度が497ppiになる次期iPad mini向けのRetinaディスプレイパネルを開発しているようだと報じているそうです。


AUOは次期iPad mini向けのパネルを開発しており、その解像度は1536×2048ピクセルで、2013年後半に出荷が開始されることになっているとのこと。

この次期iPad mini用パネルの高解像度化にはIGZOやGOA(ゲートオンアレイ)といった技術が必要になるようですが、AUOは既に両技術を導入した事を明らかにしています。

【関連エントリ】
 ・次期iPad miniはAU Optronics製のRetinaディスプレイを搭載か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事