Microsoft、Windows開発部門トップのスティーブン・シノフスキー氏が退社する事を発表

本日、米Microsoftが、Windows開発部門トップであるWindows & Windows Live エンジニアリング グループ担当のシニアバイスプレジデントを務めていたスティーブン・シノフスキー氏が同社を退社する事を発表しています。


退社の理由は明らかにされていないものの、スティーブ・バルマーCEOは「スティーブンが会社に貢献した長年の仕事に感謝する」とのコメントを発表しています。

同氏は1989年7月にソフトウェアのデザインエンジニアとしてMicrosoftに入社し、その後はOffice製品の開発に関わり、Windows Vistaで混乱していたWindows部門を立て直した実績があります。

なお、同氏の仕事については、Windows Experience担当副社長のジュリー・ラーソン─グリーン氏とWindows部門のCFO兼COOのタミ・レラー氏が引き継ぐ予定とのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事