Microsoft、2013年第1四半期に「Windows Live Messenger」のサービスを終了し、「Skype」に統合する事を正式に発表

先日、Microsoftは今後数ヶ月で「Windows Live Messenger」のサービスを終了し、「Skype」に統合する事を計画しているといった情報がある事をお伝えしましたが、Neowin.netによると、本日、Microsoftから2013年第1四半期に世界各国(中国を除く)で「Windows Live Messenger」のサービスを終了し、「Skype」に統合する予定である事が正式に確認されたそうです。


これはSkypeのTony Bates氏が明らかにしたもので、「Windows Live Messenger」には1億人以上のユーザーがいるそうです。

【関連エントリ】
 ・Microsoft、今後数ヶ月以内に「Windows Live Messenger」のサービスを終了し、「Skype」に統合か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事