ヴァージニア州では米大統領選の投票装置として「Surface」をテストへ

Microsoft Newsによると、現地時間の11月6日にアメリカ合衆国大統領選挙が行われますが、ヴァージニア州では投票装置としてMicrosoftの「Surface」を試験的に使用される事になったそうです。


「Surface」が使用されるのは1箇所の投票所のみで、テストされる「Surface」はWindows RTモデルではなくIntelプロセッサで動作する「Surface Pro」の模様。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事