米Microsoft、「Surface」のディスクスペースに関するFAQを公開

以前に「Surface」(Windows RT版)に搭載されているOSの容量が12GBになっている事をお伝えしましたが、本日、米Microsoftが「Surface」のディスクスペースに関するFAQを公開しており、32GB/64GBの各モデルの自由に使用出来るディスク容量を案内しています。


「Surface RT」にはリカバリーツールや「Windows RT」、「Office 2013」、プリインストールアプリなどが標準で搭載されており、それらを差し引くと32GBモデルで自由に利用出来るディスクスペースは16GBになり、64GBモデルでは同46GBになるそうです。

【関連エントリ】
 ・「Surface」(Windows RT)のOSの容量は12GBで「iPad」の12倍

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事