ロンドンでは街灯を「iPad」でコントロールし費用削減へ

The Vergeによると、ロンドンのウェストミンスター市が、今後4年間で14,000基もの街灯を「iPad」でコントロール可能な街灯に置き換える事を明らかにしたそうです。

(image source:The Verge)


その初期投資額は325万ポンド(約4億2000万円)で、「iPad」を使用する事により各街灯の明るさを調整する事ができ、更に電球が切れてしまった際に通知する事も可能だとか。

これにより電力とメンテナンス費用を削減でき、初期投資額の325万ポンドを7年以内に回収する計画とのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。