「iPad mini」で採用されたベゼル付近の指識別機能、「iOS 6.0.1」から他のiOSデバイスでも利用可能に

「iPad mini」ではベゼル付近に置かれた親指が何かを操作しようとしているのか、それともただディスプレイの上に置かれているだけなのかを賢く識別する機能が搭載されていますが、Pocket-Nowによると、この識別機能が「iOS 6.0.1」へのアップデートに「iPad (第3世代/第4世代)」や「iPhone」でも利用可能になっている事が確認されたそうです。
(Via.ガジェットさん家)

実際に私も「iPhone 5」で「iOS 6」と「iOS 6.0.1」のアップデート前と後で確認しましたが、「iOS 6.0.1」へのアップデート後は「Mobile Safari」などで親指をベゼル付近に置いた場合でもピンチジェスチャーは認識されず、スクロール操作のみ快適に行えるようになっています。

なお、現時点では「iPad 2」が手元にないために確認出来ていないとのことですが、恐らく「iPad 2」でも同機能が利用可能になっているものと予想されています。

追 記

その後頂いたコメントによると、「iPad 2」でも同機能が利用可能になっている事が確認出来たようです。

(Thanks! Naoaki Maedaさん)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。