「Google Play」のアプリ数が70万本に到達し、Appleの「App Store」とほぼ同じ本数に

Bloombergによると、GoogleがGoogle Playのアプリ数が70万本に達している事を明らかにしたそうです。

Appleは先週にApp Storeのアプリ数が70万本以上に達している事を明らかにしていますが、アプリ数ではGoogleがAppleに並んだ形になるようです。

なお、MicrosoftのWindows Phone Storeのアプリ数は12万本となっています。

【関連エントリ】
 ・Microsoft、現在の「Windows Phone」向けアプリの本数は120,000本と発表
 ・Appleが同社2012年第4四半期業績発表の際に明らかにした各種数字のまとめ