秋葉原で互換認証チップらしきチップを搭載したサードパーティ製「Lightning」ケーブルが販売され始めた模様

AKIBA PC Hotline!によると、秋葉原では互換認証チップと思われるチップが搭載されたサードパーティ製の「Lightning – USBケーブル」が早くも販売されているそうです。


今回発見されたサードパーティ製の「Lightning – USBケーブル」には何らかの認証チップが搭載されており、充電及び同期が可能だが、今後、iOSのアップデートなどで使用出来なく可能性もあるとのこと。

なお、価格は1,480円と純正品(1,880円)より安くなっており、AKIBA PC Hotline!には同サードパーティ製ケーブルの分解写真なども掲載されているので是非どうぞ。

(Thanks!nanadanさん)

【関連エントリ】
 ・iPhone5Mod、多数の「Lightning」コネクタ関連製品を発売
 ・問題なく動作するLightningケーブルの非正規品はまもなく市場に流通か?!
 ・中国の業者がLightningコネクタのクラックに成功か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事