Apple、「Motion 5.0.5」と「Compressor 4.0.5」をリリース

本日、Appleが「Motion 5.0.5」と「Compressor 4.0.5」をリリースしています。


まず、「Motion 5.0.5」の新機能は下記の通り。

・アンチエイリアス処理の改良により、テキストがよりくっきりして読みやすさが向上
・複数のプロジェクトを同時に開いて、簡単に切り替えやプロジェクト間のコピー&ペーストが可能
・複雑なプロジェクトの読み込み時間が短縮


次に「Compressor 4.0.5」の新機能は下記の通り。

・クラスタ設定の改良により、Compressor をすべてのクラスタノードで開くことが不要に
・追加のエンコード用クラスタをアクティブ化するときに、再認証が不要
・Compressor が開かなくなってしまう他社製 QuickTime コンポーネント関連の問題を解決


なお、両製品ともMac App Storeよりダウンロード可能です。

Motion
価格:¥4,300 (記事公開時)

Compressor
価格:¥4,300 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事