Apple、「Final Cut Pro 10.0.6」をリリース

本日、Appleより「Final Cut Pro 10.0.6」がリリースされています。


今バージョンでの新機能は下記の通りで、かなり多くの改良及び新機能が追加されたようです。

・マルチチャンネル・オーディオ・ファイルをタイムライン内で直接展開して、個々のオーディオチャンネルを詳細編集
・ファイルベースのカメラからのメディア読み込みとフォルダ内のファイル読み込みのウインドウを統合
・共有機能のインターフェイス改良により、プロジェクトや選択範囲を 1 つまたは複数の出力先に書き出し
・RED カメラのサポートにより、REDCODE RAW をネイティブ編集、オプションで Apple ProRes にバックグラウンドトランスコード
・MXF プラグインのサポートにより、他社製プラグインを使うことで MXF ファイルを読み込みから納品までネイティブ操作
・デュアルビューア(共にビデオスコープ表示対応)により、ショットを比較して動きや色をマッチング
・タイムラインでチャプタマーカーを追加して、ビデオファイル、DVD、Blu-ray ディスクに書き出し
・イベントブラウザで範囲選択の開始点と終了点を維持、さらに 1 つのクリップで複数の範囲選択が可能
・“パラメータをペースト”ウインドウで、クリップ間でコピーするエフェクトを選択
・クリップ接続がより柔軟になり、接続されたクリップを固定したまま基本ストーリーラインのクリップをスリップ、スライド、移動
・1 回のキー操作でフリーズフレームをタイムラインに追加
・ドロップシャドウ・エフェクトのオンスクリーンコントロールにより、位置、エッジの減衰、角度などを直感的に調整
・新しいコントロールにより、マルチカムクリップ内の複数のアングルのオーディオを結合
・タイムラインで複合クリップを作成するとイベントブラウザにクリップが保存されるようになり、ほかのプロジェクトで再利用可能
・XML 1.2 のメタデータの読み込み/書き込み機能により、他社製アプリケーションとの連携が向上

なお、価格は26,000円となっています。

Final Cut Pro
価格:¥26,000 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事