Microsoft、予想より早く「Office 2013 RT」の正式版を提供開始

これまで「Windows RT」のリリース当初は「Office 2013 RT」はプレビュー版が搭載され、正式版は年明けになると言われて来ましたが、Ars Technicaによると、Microsoftが「Office 2013 RT」の最終版をWindows Update経由で配布し始めているそうです。


この事から、10月26日に発売される「Surface」を入手したらすぐにでも「Office 2013 RT」の正式版を使い始める事が出来ることが予想されます。

「Office 2013 RT」の正式版のファイルサイズは約580MBで、アップデート後はインターフェイスやスプラッシュスクリーンに表示されていた”Preview”の文字が消えるとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事