「iPad mini」のものとされるバッテリーを撮影した写真が流出

本日、MacRumorsが、10月23日に発表されると言われている「iPad mini」のバッテリーとされる写真を入手したとして公開しています。

写真のバッテリーには”A1445″といったモデルナンバーと”616-0641″のアップル部品ナンバーが記載されており、そのスペックは3.72V/16.7Whrで容量は4490mAhとなっています。
(参考:「iPad 2」のバッテリー容量は6944mAh、「iPad (第3世代)」は11666mAh)

(image source:MacRumors)

この写真のバッテリーが本物かどうかは確認出来ないものの、バッテリーへの刻印は他のApple製品のバッテリーと一致しており、寸法についても正確な数値は不明なものの「iPad mini」に合う大きさのようです。

(image source:MacRumors)

なお、「iPad mini」のディスプレイはRetinaではないと言われているので、同じくRetinaディスプレイが搭載されていない「iPad 2」のバッテリー容量(6944mAh)と比較しても、本体の大きさが小さくなる事を考えると「iPad mini」のバッテリー容量が4490mAhというのは妥当な数値なのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事