Apple製品を集めたミュージアムがモスクワにあった

Cult of Macによると、ロシアのモスクワに個人がこれまでに集めたApple関連製品を展示している「Moscow Apple Museum」が存在しているそうです。


このミュージアムの運営者は46歳のコンピューターエンジニアであるAndrey Antonov氏で、大学卒業から数年後にロシアへApple製品を流通させる会社に就職し、その関係からApple製品を集めるようになり、一番最初のコレクションは「Macintosh SE」だったそうです。


なお、Cult of Macがその「Moscow Apple Museum」に展示されているコレクションの一部を撮影した写真をFlickrで公開していますので、是非どうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事