「iPhone 5」のブラックの陽極酸化皮膜部分を全て剥がしてしまうと…

GIZMODOによると、読者のCodi Bonney氏が、陽極酸化処理をしたアルミの部分を紙ヤスリで磨いてしまった「iPhone 5」の写真を公開したそうです。



「iPhone 5」の陽極酸化処理をしたアルミの部分は傷が付き易いと言われていますが、全ての塗装が剥げるとこんな感じになるようです。
(スピーカーグリル部分はまだ皮膜が残っていますが…)

なお、こちらで全ての写真を見ることが可能ですので、是非どうぞ。

横から見ると「iPhone 4/4S」ですね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事