Microsoft、「Windows Phone 8」搭載端末の日本投入を先送り

日本経済新聞によると、Microsoftが今冬に予定していた「Windows Phone 8」搭載スマートフォンの日本での販売を先送りする事が明らかになったそうです。


国内ではNTTドコモが今冬に「Windows Phone 8」搭載スマートフォンの発売を計画していたようですが、Microsoftの方針転換により当面は見送る事になり、NokiaやSamsungなども日本での販売を先送りする方針とのこと。

また、「Windows Phone 8」を搭載した端末の日本での商品化は国内メーカーが中心になる見通しだったようですが、各社の供給先は国内にほぼ限られ、Microsoftは中国や米国などよりも市場規模が小さく、成熟している日本で国内メーカーに「Windows Phone 8」を提供しても、先行するiPhoneやAndroidを搭載したスマートフォンを追撃するには力不足と判断したようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事