Apple、「iOS 6」でGoogleマップが利用出来るアプリ「ClassicMap (復刻版マップ)」をApp Storeから削除

昨日にGoogleマップを採用した「iOS」の旧マップアプリを「iOS 6」及び「iPhone 5」で利用可能にしたアプリ「ClassicMap(復刻版マップ)」がリリースされた事をお伝えしましたが、ガジェット速報によると、同アプリがApp Storeから削除されたそうです。

 

削除理由は、1つ目は「Google mapsが戻ってきた」という表現が誤解を与える可能性がある点と、2つ目はGoogle mapsをスクレイピング(必要データを抽出する)しているという点だそうですが、後者の方は他のGoogleマップのデータを利用しているアプリには影響しないのでしょうか??

なお、開発者の方によると、Appleの対応は非常に丁寧で理不尽な対応ではなかったそうです。

【参照元】
 ・ガジェット速報

【関連エントリ】
 ・【更新】「iOS」の旧マップアプリのクローンアプリ「復刻版マップ」がApp Storeに登場

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事