「iOS」のマルチタスクバーのUIを再考した新たなコンセプト案

iDownload Blogによると、「iPhone 5」で縦長になったディスプレイを上手く利用し、「iOS」のマルチタスクバーのUIを再考した新たなコンセプト案が公開されたそうです。

まずそのコンセプト案の1つ目が下記画像で、従来のアプリのアイコンだけでなく、各アプリのプレビュー画像も表示されるようになっています。


次に、ミュージックアプリの操作バーを再考したコンセプト案が下記画像で、従来のUIより情報量が多くなっており、更に細かな操作が可能となっています。


最後は各種トグルなどが搭載された設定ページのコンセプト案で、下部に液晶の明るさを調節出来るバーが表示され、上部にWi-FiやBluetoothなどの”オン/オフ”ボタンが表示されるようになっています。


これらはあくまでコンセプトなので実際に「iOS」のUIがこんなデザインになる可能性は低いですが、個人的にはWi-Fiのオン/オフは標準でもう少し簡単にアクセスできるようにして欲しいものです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事