「iPS細胞」の「i」が小文字の理由は「iPod」が関係していた

昨日、iPS細胞を作り出すことに成功した京都大学の山中伸弥教授らがノーベル医学生理学賞を受賞する事が明らかになりましたが、朝日新聞によると、このiPS細胞の頭文字の「i」が小文字になった理由に「iPod」が関係していた事が明らかになったそうです。
(via.Linkman)


iPS細胞は「Induced pluripotent stem cells」の略であり、頭文字の「i」だけが小文字になった理由は、山中教授が流行りの「iPod」にあやかって広く普及して欲しいとの遊び心から小文字になったそうです。

【参照元】
 ・朝日新聞

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事