Appleの株式時価総額が2ヶ月ぶりに6,000億ドルを下回る

米Appleの株価は「iPhone 5」発売前には一時700ドルを突破し、時価総額も6,500億ドルを上回っていたのですが、Mashableによると、Appleの株式時価総額が約2ヶ月ぶりに6,000億ドルを下回ったそうです。


最近の米Appleの株価は「iPhone 5」の供給不足やFoxconnのストライキ報道などが影響し下がり続けており、記事投稿時で640ドル前後とここ2週間で60ドルほど下げています。

ただ、時価総額世界2位のエクソンモービルとの差はまだ約2,000億ドルあり、依然としてAppleが時価総額世界一位となっています。

【関連エントリ】
 ・ジョブズ氏が亡くなってから1年間の米Appleの株価の動きをまとめたチャート
 ・米Appleの株価が700ドルの大台を突破

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事