ブラウザ上で実際に操作可能な「初代iPod」が公開される

TUAWによると、スティーブ・ジョブズ氏を追悼して、本物と同じように実際に操作する事が出来るHTMLで作成された「iPod」(第1世代)が公開されたそうです。

下記画像はそのスクリーンショットですが、実際にマウスカーソルでスクロールホイールを操作したり、各種ボタンをクリックする事が可能となっており、2曲だけではあるものの収録されている音楽を再生したりカレンダーや時計を表示することも可能となっています。


このデザインが採用されていたのは今から10年前の2002年8月に発売された第2世代モデル(スクロールホイールがタッチ式に変更されたが…)までで、今の10代の方の中には初代iPodを触った事がない方も多いと思うので、この機会に是非どうぞ。

追 記

Lebronさんからのコメントで気付きましたが、アルバムも何枚か収録されており、そこでも数曲聴けるようになっています。

(Thanks! Lebronさん)

 ・iPod demo – inventikasolutions.com

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事