Microsoftの「Surface」がFCCの審査を通過

本日、現地時間の10月26日に「Windows 8」と共に「Surface」も同時発売される事が正式に確認されましたが、Engadgetによると、「Surface」と思われる「Windows RT」を搭載したタブレットがFCC(米連邦通信委員会)の審査を通過した事が分かったそうです。


製品名が伏せられているので正式には確認されていないものの、社名がMicrosoftになっている事などからほぼ「Surface」とみて間違いないと思われます。

なお、日本での発売はまだ未発表ですが、日本でも発売される事が予想できるヒントは見つかっています。
(下記関連エントリ参照)

 ・FCCの当該ページ

【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Surface」を日本でも発売か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事