「iOS 6」のマップアプリで東京・大阪など一部地域でベクターベースの3D表示が可能に

iPhoneちゃんねるによると、「iOS 6」のマップアプリで東京・大阪・名古屋など一部地域でベクターベースの3D表示が可能になったそうです。

なお、現在、3D表示が可能なことが確認出来ているのは「iPhone 4S」と「iPad (第3世代)」となっているようです。

(クリックにて拡大)


ただ、まだFlyover表示は利用出来ないようです。

追 記

「iPhone 5」でも表示されることを確認しましたが、同じデバイスでもユーザーにより表示出来る出来ないがあるみたいで、まだ全ユーザーが3D表示にアクセス出来る訳ではない模様。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事