SIMカードスロットや陽極酸化処理のアルミ筺体など、新たな「iPad mini」のパーツが流出か?!

9 to 5 Macによると、Ukrainianiphone.comが、アジアの工場を訪問した関係者から入手したという「iPad mini」のフロントパネルと筐体を撮影した写真を公開したそうです。

まずフロントパネルの写真が下記画像で、ホワイトモデルのものとなっており、FaceTimeカメラも搭載される模様。


次に筐体の写真が下記画像ですが、こちらはブラックモデルで、丸で囲んだ3番のところにnano SIMカードスロットが見える事から3Gもしくは4G通信に対応したモデルも用意され、イヤフォンジャックは上部に位置しているようです。


更にもう1枚の筐体写真が下記画像で、「iPhone 5」と同じように陽極酸化処理をしたアルミニウムが素材となっているようで、このパーツが本物であればバックカメラも搭載されるものと思われます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事