音楽ストリーミングサービスの提供に向けたAppleとソニーATVとの交渉は難航か?!

今月初めにAppleが音楽配信サービス「Pandora」のような音楽ストリーミングサービスを開発しているようだとの報道がありましたが、New York Postが、この件に精通した情報筋によると、Appleは世界最大の音楽出版社であるソニーATVミュージックパブリッシングと交渉を行っていたものの、楽曲の1曲ごとのライセンス料で合意に至らず暗礁にのりあげてしまったようだと報じています。


ライセンス料は1ストリーミングにつき1ペニー(約1円20銭)だったようですがソニーATVはより高いレートを要求したようで、この事から「iPhone 5」と共に音楽ストリーミングサービスを提供する予定だったAppleの計画がダメになってしまったようです。

【関連エントリ】
 ・Apple、「Pandora」のような音楽サービスの提供を模索中か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事