Apple、Googleとの契約を残したまま独自の地図サービスに切り替えか?!

The Vergeが、問題に精通した2人の関係者によると、AppleはGoogleとの「Google マップ」の契約を1年以上残したまま独自の地図サービスに切り替えたようだと報じています。

Appleが独自の地図サービスへの切り替えを決定したのは「WWDC 2012」の直前だったと言われいるようで、切り替えた理由については、ターンバイターンナビ機能などAndroid版Google マップとの機能差があった為とみられているようです。

また2人の関係者は、GoogleのiOS向け「Google マップ」アプリはまだ不完全であり、数ヶ月間はリリースする予定はないとも述べているようです。

【関連エントリ】
 ・Googleのエリック・シュミット会長、Appleへの「Google マップ」アプリ提出の噂を否定
 ・Apple、マップと検索に関するGoogleとの契約を更新(旧ブログ)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。