Googleのエリック・シュミット会長、Appleへの「Google マップ」アプリ提出の噂を否定

先日、Googleには既にリリースする準備が出来ている「Google マップ」のiOS向け公式アプリがあり、既にAppleの審査に提出済みとの報道がありましたが、ロイターによると、本日、米Googleのエリック・シュミット会長が、現時点ではAppleに自社の「Google マップ」アプリを提供していないと明らかにしたそうです。


同氏は「われわれはまだ何もしていない。Appleとは長い間協議を続けている。毎日話し合っている」と述べたそうです。

【関連エントリ】
 ・「Google マップ」のiOS向け公式アプリは完成しており、Appleの承認待ちの状態か?!
 ・Googleの幹部、「iOS 6」での「Google マップ」削除にコメント

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事