各iOSデバイスでの「iOS 6」と「iOS 5.1.1」のパフォーマンスを比較したベンチマークテスト

本日、Macworldが、各iOSデバイスでの「iOS 6」と「iOS 5.1.1」での比較ベンチマークテストの結果を公開しています。


まず、CPUやメモリの性能を測定するGeekbenchのスコアが下記グラフで、ハード面は変わっていないのでほぼ同じ数値となっています。

(数字が大きい方が良い)

次に、ウェブサイトの表示時間を比較したPage Loadのテスト結果が下記の通りで、全デバイスとも「iOS 6」で改善しているようです。

(数字が小さい方が良い)

次が、JavaScriptのベンチマークである「SunSpider JavaScript ベンチマーク」の結果が下記の通りで、こちらも全デバイスとも「iOS 6」で大幅に改善されているようです。

(数字が小さい方が良い)

ここからはグラフィック性能のベンチマークで、まずは「GLBenchmark Egypt Offscreen」の結果で「iPad (第3世代)」は「iOS 6」で大きく数字を落としています。

(数字が大きい方が良い)

次は「GLBenchmark Pro Offscreen」の結果で、全モデルとも大きな変動はないものの、こちらも「iPad (第3世代)」は「iOS 6」で悪くなっています。

(数字が大きい方が良い)

最後に、HTML 5性能のベンチマークである「WebVizBench」の結果が下記グラフで、「iPhone 4S」と「iPad (第3世代)」が「iOS 6」で良くなっているようです。

(数字が大きい方が良い)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事